こんにちは、いわま農園です(^^)
今年もいよいよ8月、夏本番になりました!

柿の摘果も無事終わり、次は葡萄の収穫に向けて準備中です!

美味しい葡萄を皆様にお届けできるよう、もう一踏ん張り頑張りたいと思います!!

さて、話は本題の昆虫の話へ(笑)
農作業をしていると珍しい昆虫や珍しくない昆虫、色々と見かけるのでつい撮ってしまうんですよね(^-^;

今回は7月中に撮れた昆虫達を一挙に!
↑まずこちらの青いトンボはオオシオカラトンボのオス!
メスは腹部が黄色。
普通のシオカラトンボより大きく、目が黒いのが特徴です♪


↑こちらの赤いトンボはミヤマアカネのオス。
羽の帯模様が綺麗ですね♪


↑こちらはミヤマアカネのメス。
オスとは腹部の色が違いこちらは黄褐色。
腹部の末端に黒斑があるのも特徴です♪



↑これは、、ヤゴの抜け殻!トンボの幼虫の殻です。
形からみて、ヤンマ科のヤゴでしょうか??


↑こちらはシオヤアブ。
獲物を咥えて鎖に止まっています。
シオヤアブは昆虫界の暗殺者。
身を潜め近くに来た獲物を背後から襲います。
鋭く硬い口吻(こうふん)でブスリと。
スズメバチなども捕食すると言われています。


↑こちらはヒザに乗ったショウリョウバッタのメス。
オスが4〜5cmなのに対しメスは大きく7〜8cm位。
イネ科の植物を食べます。


↑今回のラストを飾るのは、、
指に乗ったテングイラガの幼虫!!
イラガ類の幼虫には棘があり、刺されると電流が走ったかのような痛みがきます。割と長時間に渡りヒリヒリします。
今回は柿の摘果中に気が付いたら指に付いてました(^^;)
運良く刺されてはいませんが、刺されたらと思うと恐ろしいです。。。



と、昆虫観察も程々に仕事を頑張りたいと思います!!
関連する記事
コメント
コメントする